小顔

MENU

小顔にするための美容法とは

 

現代では小顔の人ほど可愛らしく、モテると言われています。
現代人ほど生まれつき小顔の人が多くなってきているのは、
人間の進化によるものです。
遺伝性などもあります。

 

しかし、人によってはエラが張っていることで大きく見えてしまったり、
顔がむくんで大きく見えてしまったりすることもあります。
少しでも現代的な小顔になりたいという場合には、
様々な美容法をためしてみるといいかもしれません。

 

骨格的な問題もありますが、むくみなどによって顔が大きく見えてしまうという人は、
美容法にて改善させることができます。
むくみはリンパの流れを良くすることで改善できるため、
定期的に顔のマッサージをすることが大切です。
血流の良い入浴後などがオススメと言えます。

 

自分ではうまくできないという場合には、
エステサロンでフェイシャルマッサージを受けてみるといいかもしれません。
プロの手でマッサージをしてくれるので、即効性を感じられるはずです。

 

また、太らないようにすることも重要と言えます。
そして、よく噛んで食事をすることも大切です。
ゆっくりとよく噛んで食事をすることによって、
満腹中枢が正常に働くようになります。
食べ過ぎを防止できるので、効率的です。

 

しかも、よく噛んで食べることであごをしっかり使うことになるため、
あごの筋肉を鍛えることができます。
これが頬周りの肉のたるみを防止することに繋がるため、
結果的には小顔効果を実感できるようになるというわけです。
咀嚼を意識するだけでも、効果を実感することはできます。

 

そのほかには、日々の習慣的なスキンケアに気をつけることも大切です。
たるみを防止するために、洗顔後の化粧水や乳液、
美容液といった基本的なスキンケアは徹底して行なうことをお勧めします。

 

このように気をつけることによって、元々小顔ではないという人でも、
ある程度は小顔に近づけさせることは可能となります。
意識的に行なうことが重要です。

 

いろいろな美容法を試してみても、思うような効果が出ないという場合には、
思い切って美容整形を考えてみるというのもいいかもしれません。
特に、エラが張っている人におススメの方法と言えます。
エラ削りをすることで、小顔になることができるからです。

 

もちろん、人によって顔の状態は違っているため、
自身の顔が大きく見える理由をしっかり把握してから、
それに合った対処法を考えることをおススメします。

 

また、衣服のデザインによっても、小顔に見えることはあります。
服装を意識してみることも大切です。