二重あご 原因

MENU

二重あごを引き起こす原因について

 

女性は化粧をするときなどに鏡を見ることがあるので、
毎日自分の顔をチェックする機会が多くなっています。
その中で何となく顔が大きくなったような印象を受けることがあります。
あごのラインがぼやけて見えるようになったり、
むくんでいるというような印象を受けることもあります。

 

これには原因があります。
あごや顔の周りがたるんでいると言うことが考えられます。
笑ったり少しあごを引いたときに二重あごになるというような人もいますが、
いちばんに考えられることは太ったというような肥満が関係しているという点です。

 

しかし必ずしもこれだけが原因となっているということではありません。
肥満とは関係ないところで発生することもあります。

 

肥満が背景にある場合には、脂肪の蓄積と言うことが考えられます。
実際に痩せている人よりも太っている人の方に症状がよく見られるようになっていますが、
このように脂肪が蓄積した状態が続いてしまうと、たるみやむくみを引き起こしてしまいます。
首の回りに脂肪がたくさん蓄積することで、最終的に睡眠時無呼吸症候群を引き起こす可能性もあります。

 

このほかに考えられることとしては、筋力の低下があります。
肥満と少し重なるところもありますが、あごの周りの筋力が低下することで、
二重あごになることがあります。
食事の時に噛む回数が少なかったり,
柔らかいものをたくさん食べているという人は注意が必要です。

 

人間にとって噛むという動作は非常に大切となります。
あごの周りにはリンパ管やリンパ節がたくさんあります。
これは筋肉を支えることに非常に関係しています。
筋肉が衰えることでリンパの流れが悪くなり、その結果むくみにつながります。

 

また姿勢やかみ合わせが悪いときにも二重あごになる可能性が高くなります。
肩こりや首の回りのこりに悩まされているという人がいますが、
このような人は無意識のうちに姿勢が前かがみとなっています。
最近ではスマートフォンやパソコンを使うことが姿勢を悪くする原因となっています。

 

長時間同じ姿勢と続けると言うことが多い人は、
正しい姿勢を意識するだけでも解消につながります。
顎関節がゆがんでいたり,
虫歯によって左右の歯を均等に使っていないというような人も注意が必要です。

 

顎関節のゆがみは二重あごの原因となるだけではなく、
肩こりやめまい、このほかには内臓疾患を発症させる可能性があるので注意が必要です。
このような点に注意すると二重あごを解消することができます。